定年後はぜひ社交ダンスを


私と家内は共通の趣味というか共通の楽しみがありませんでした。それでも私が定年になるまでは毎日、私は会社に出勤し家内はは専業主婦ですから家事をやっており、たがいにたがいのいる場所は別々でした。

ところが定年後、二人の生活空間がまったく一致してしまいました。つまり朝から晩まで自宅で二人が顔を合わす状態になったのです。二人とも特段の趣味がなかったので、予期されたことではありましたが、あまりにも顔を合わせ過ぎと感じる毎日でした。

そんな折、新聞のチラシの一つに、町内会の社交ダンスが紹介されておりました。運動不足も兼ね、やってみようかと思い立ったのですが、ついでに家内に君もやる?と聞いてみたところ、やるとの答えでした。少しびっくりしましたが、一人で心細くなるよりも二人の方がいいと考え二人で社交ダンスを始めることにしましたが、これが我々夫婦の現在の生きがいになるなど、当時はつゆほども考えませんでした。

今は二人はもっとも仲の良いパートナーであると同時に、最大のライバルとしてたがいを意識しております。今年は初めて競技会にも出場する予定で、連日猛特訓を重ねております。

練習ではもちろん喧嘩もよくしますが、なにせ共通の目的があり毎日がダンスの話題で盛り上がります。あの頃毎日顔を合わせまた同じ顔か、何か変わったことがないのか等へきへきしていた頃が信じられません。

本当によい趣味に出くわせたと二人とも感謝しております。だれでも全員が成功するというものではありませんが、趣味が少ない健康な夫婦には最適な趣味であると信じて疑いません。ぜひ一度試していただきたいものです。