ものづくりって楽しい!


熱しやすく冷めやすい私が唯一長く続けている趣味がものづくり(ハンドメイド・DIY)です。
その理由は飽きても別の物を作ることが楽しくなるからです。

初めてものづくりの楽しさに目覚めたのは小学校の低学年の時。
紙で指人形を作ることに夢中になったのがきっかけでした。
指人形といっても、絵を描いて同じ大きさに切り取った紙をテープで張り合わせただけの単純なものです。

その時から私はものづくりにはまっていきました。
学校で裁縫の授業が始まれば裁縫にはまり、木工細工の授業があれば割り箸でものを作り、学校で何か新しいものづくりの方法を知るたびにできるだけ、家で何か作ってきました。

しかし、それも年を重ねるごとに勉強や部活動で忙しくなり、あまり何かを作るということをしなくなりました。

そして、そんな私を再びものづくりの虜にしたきっかけが「スチームパンク」の世界観です。
スチームパンクとはSFの一種で、蒸気機関が発達していた時代をイメージした世界観です。そのため、動力を伝える歯車やパイプ、ゴーグルなどをモチーフにしたものが多くなるのですが、まだあまり広がっていない世界観なので、自分好みのアクセサリーなどがあまりありません。
そこで、ないのなら作ってしまえと、再度ものづくりにはまってしまったというわけです。

ものづくりというと道具を準備するのが面倒臭そう、難しそうと考えてしまうかもしれません。ですが、道具や材料は100円ショップで手に入るもので十分使えます。
後はアイディアだけ。
絵が描けなくても、設計図が描けなくてもいいんです。材料が100円ショップのものなら失敗のしがいがあるというものです。
少し変でもそれが味になるのが手作りの良いところです。

あなたもものづくりをはじめてみませんか?